top of page
  • sayuri ushio

東ヨーロッパの旅スタート ミュンヘン空港で5時間のトランジット

11月6日から12月6日までの東ヨーロッパ旅のブログを書き綴っていこうと思う。

まずは関空からミュンヘンへ14時間の長いフライト

航空機はルフトハンザ  マイレージで取った ANAの提携便

コロナ以前はビジネスも取りやすかったけど 今はエコノミーしか取れないなー

ビジネス枠が減ってるのか マイルを溜め込んだ人が多すぎて競争になってるのか、、私もマイルはいっぱいあるが使えない

以前は10万マイルくらいでビジネスとれてたのに 今は25万マイルくらいになってる

エコノミーは以前は3万マイルくらいだったのに、6万マイルになってる  

さらに石油サーチャージが25000円くらいだったのに 6万円高の85000円になってた 

お金の価値が下がってると大きく感じた日でした。

でも航空会社もコロナで大変だったからねー

新しい機体のルフトハンザ

すごくスッキリして 足が前の座席の下に伸ばしやすいデザイン

ヘッドフォンの穴と USBの穴しかない

ただUSBの穴は壊れてた なんと充電できない!

トイレも不調 前の人がなかなか出てこないなーと思ったら トイレがいっぱい紙詰まり起こしてた

ちょろちょろしか流れない

トイレは空港に着くまで我慢しよう




ミュンヘンで5時間のトランジット

早速トイレに 

フタがないのでスッキリデザインバッテリー



iPhoneバッテリーが心元ないので、チャージステーションを探したが見当たらない

レストランで 注文したらテーブル席にあると聞いた。

朝の機内食は パンケーキがおかずで パンが主食みたいなのだったので 野菜不足

サラダと水をオーダーした

合計24ユーロほど  ユーロは160円に上がってるので3840円??????!!!!!

表参道のオシャレカフェで食べても1800円イメージなのに、、

油断した なんと水が800円なのだ  

どうせならコーヒーにしたらよかったと後悔

日本が安いという事で、海外から日本に旅行客が集まるはずだよねー



さてさて 目的のスマホのバッテリーチャージだが 空港にあるはずのUSBからではなく ヨーロッパのコンセントだった、、、

そのコネクタは飛行機の中のスーツケースに入っているのだ

店員さんに借りた 

 


よかった

だからこのブログが書けている。


ちなみに カトラリーは 使い捨てwood





Comments


bottom of page