The art of life expressed by contemporary

artist SAYURI USHIO in hair design.

現代美術作家SAYURI USHIO

ヘアデザインによる生命のアート表現

Circle in 大石田AIR 2021

Pure Snow

location2-Yamagata.JP

2021年12月、山形県屈指の豪雪地帯である北村山郡大石田町にこの冬の到来を知らせる雪が降り始めた頃、SAYURIはAIR(アーティスト・イン・レジデンス)事業の召喚アーティストとしてこの地に招かれ、ワークインプログレス(公開制作)を行った。
アーティスト·イン·レジデンスとはアーティストが一定期間ある土地に滞在し、常時とは異なる文化環境で作品制作やリサーチ活動を行うこと。またはアーティストの滞在制作を支援する事業のこと。略称は「AIR」。今回の制作はアートの世界ではワークインプログレスと呼ばれる公開制作として行った。神聖な心で髪を切るイニシエーション(儀式的)な体験を通じて、髪を切る人と切られる人の関係性の共鳴プロセスそのものを作品とみなす。ある種、ソーシャル·エンゲージド·アート(社会と深く関わるアート)の試みでもある。

 

 

地域の人々が集い、交流し、対話し、髪を切るプロセスそのものをアートとして創造する舞台として選んだ場所は、大石田町のさらに山深い場所にある、旧次年子(じねご)小学校跡地。この変わった地名の由来は諸説あるが「冬に生まれた子供の出生届が次の春になる」とのことで地名になったと言われるほど雪深い里であったという。この地に魅せられ移り住んだ陶芸家と料理家のクリエイターご夫妻にお世話になり、降り積もる雪景色が日を追うごとに深まってゆく数日間を過ごした。

 

次年子窯 http://www.jinengo-gama.jp/
調香菜Umui  https://www.instagram.com/umui96/?hl=ja

 

 

 

笹子小学校 雪.png
じねご小学校.jpeg

普段、陶芸教室の場として使われているその空間は、公開制作の為に準備するものがほとんど必要なかった。まるでこの時がくるのを、この場所がわかっていたかのように、このために全ての舞台装置を誂えたかのように、何もかもがSAYURIの世界観と共鳴していた。
大石田AIR2021のテーマは「Pure Snow」体験するのは、降る雪のように清らかに生まれ変わる自分自身。

地元新聞での公募等の呼びかけで、老若男女様々な背景を持つモデルが集まった。
受験を控えた男の子。インスタグラマーとして活躍する女性。妻として母として家族を支えてきた女性。ローカルメディアの編集者。海外から故郷の山形に帰国し、これから新天地へと移住する親子。町の役場の若き職員。もうすぐ生まれてくる新しい命を宿して、これから母になろうとしている女性。そして、陶芸家と料理家のクリエイターご夫婦。

大石田AIR 牛尾早百合.png

ヘアデザインによる
生命のアート表現

Circle in 大石田AIR 2021

Pure Snow


体験するのは、
降る雪のように
清らかに生まれ変わる自分自身

reborn and renewal for yourself like pure snow

そのとき髪は

あなたの常識をうれしく裏切る

そのとき髪は

生命の喜びにあふれる

SAYURIの手は

あなたの髪だけでなく

あなたの身体全体を包む空間も

円をえがきながら

ヘアカットで浄化し清めてゆく

髪をあなた自身に戻したとき

あなたがあなたに還るとき

あなたは髪から

体感とゆうメッセージを受け取る

そのメッセージを胸に記すことで

あなたは新しく生まれ変わる

LOCATION.2
MODEL CASE.10

FAMILY JINEGO

 


「前向き ポジティブ」 
本当の自分にもどった こんなにしっくり髪型に満足したの初めて!

LOCATION.2
MODEL CASE.11

FAMILY JINEGO

 

「導火線 Fuse」 
なにかが大きく爆発するための、火が付いた

LOCATION.2
MODEL CASE.12

FAMILY JINEGO

​「大人 PASS」
  人生の帰路である受験合格への祈願を込め大人になる

 

LOCATION.2
MODEL CASE.13
UNIT,2

 

「No waste 無駄なし!」 
このカットのシンプルな清々しさに感動

LOCATION.2MODEL CASE.13

FAMILY FROM NZ

 

「いま NOW」  今ここ、という自分の軸に今戻れて地に足が付き決心しました