• sayuri ushio

Beauty Garage ビュートピア掲載 がんサバイバーの脱毛、隠すから魅せるへ  ~SAYURI USHIO 生命のアート


【推薦者募集】がんサバイバーの脱毛、隠すから魅せるへ  ~SAYURI USHIO 生命のアート

セミナー・イベント2022.05.19

著名なヘアメイクアーティストのUSHIO SAYURIさんが、抗がん剤治療の脱毛に悩む人の身も心も開放するため、西洋人風ベリーショートへの変身を“生命のアート表現”として公開制作する。 これに伴い、対象となる“がんサバイバー”の推薦者を、2022年5月25日(水)まで募集している。

“隠すから魅せる”で、がんサバイバーの心を開放

対象となるのは、抗がん剤治療の終了から4カ月以上経過し、その間にヘアカットをしていない方。ライブ配信や写真を公開可能であることなどが条件となる。

西洋人風ベリーショートで用いるステップボーンカット(小顔補正立体ヘアカット)は、USHIO SAYURIさんが考案したもので、ステップボーンカット協会には多数の認定スタイリストが在籍している。

5月27日の公開制作イベント「Circle in HIMEJI 2022 Sprout」に向け、現在、脱毛を気にしている友人・知人・顧客のいる人から推薦を募っている。イベントでの施術料金は無料。締切は5月25日。

なお、この企画は、USHIO SAYURIさんの「ヘアデザインによる生命のアート表現」の一環として行われる。

「国籍、年齢、性別、障害のあるなしにかかわらず全ての制限から解放する社会実験。果敢に立ち向かっている人を応援し、障害が有るから無いの世界に挑む、心を開放する生まれ変わりのセレモニー」だという。 

ワークインプログレス(公開制作)として行い、自身のライフワークとして1000名のモデルケースを世界各地で展開していく考えだ。





SAYURI USHIO(牛尾 早百合)/ステップボーンカット発案創始者、ヘアメイクアーティスト、写真家、現代美術作家。TICK-TOCK(チックタック)など7店舗のヘアサロンを展開。ニューヨークを拠点に、講師活動とアーティスト活動を行う。2011年、自らのカット技術を伝えるステップボーンカットアカデミーを開校。旅先で出会った様々な国籍の女性のヘアメイク写真集を含めたアートブックを出版し、ニューヨークと台北で写真展を開催。「ミルボン フォト コレクション」でグランプリをW受賞するなど、写真家としての実績も豊富。



イベント概要

日時

申込締切:2022年5月25日(水)

開催:2022年5月27日(金)

会場

TICK-TOCK Airline (チックタックエアライン)はなれ (兵庫県姫路市紺屋町82)※JR姫路駅より徒歩5分

対象者について

下記①~④すべてに該当する方

①抗がん剤治療の終了から4カ月以上経っていて、その間にヘアカットをしていない方

②制限をはずし、解き放たれる体感をし開放されたい方

③アート表現としての社会実験に協力的に参加したい方

④ライブ配信や写真などを公開可能な方

推薦者について

候補者のことをよく知っていて、開放を心より願っている方

推薦者による提出物

下記①を提出、②を提示すること

①100~300文字程度のバックストーリー  

②SNSアカウント(顔など姿が見えるもの)

募集人数

2名

その他

イベントでの施術料金は無料

申し込み方法

「SAYURI USHIO公式サイト」より申しこむ。

Circle in HIMEJI 2022 Sprout(SAYURI USHIO公式サイト)


あわせて読みたい

「SAYURI(牛尾早百合)」の記事をもっと読む

「ステップボーンカット協会」の記事をもっと読む


文/大徳明子


全文紹介

https://www.beautopia.jp/74638/